大人の「考える力」をイノベーションするフローワン

  • HOME
  • >
  • お勧めの書籍



マネジメント全般

ビジョナリーカンパニー2
ジム・コリンズ

 

大事なのは誰をバスに乗せるか

スタンフォード大学ビジネススクールの教授として活躍し、ピーター・ドラッカーの後継者とも言われるジム・コリンズの代表作です。偉大な会社になるための鋭い考察が随所に見られる蛍光ペン必須の一冊です。文章が非常に読みやすいのもGoodです。

感じるマネジメント
リクルートHCSG

リーダーシップはFace to Face ではなく、Side by Side

会社が成長するほど、なぜみんなバラバラになってしまうのか。その最大の理由は、経営理念をどう浸透させるについての理解が不十分なためです。「リーダーシップ」「理念浸透」というと、どうしても抽象的になってしまうのですが、実際に起こった事例を物語風に読めるので、理解がグッと深まります。隠れた名著です。

信用を武器に変えるマーケティング戦略 
平久保仲人

まっとうな商売が最後に勝つ

いかに顧客と信頼関係を構築し、それを長期的な利益につなげていくかについて、骨太な議論が展開されています。ともすれば精神論になりがちなこのテーマについて、アメリカで活躍されている研究者らしく、科学的な根拠と学術的考察、圧倒的なデータで切り込み、いろいろな具体例が掲載されています。

V字回復の経営
三枝匡

間違いなく名著

マネジメントコントロール(MC)の実践編にあたる一冊です。コントロールを失って迷走している組織に、新たなMCをインストールする試みこそ「企業再生」です。実際のご経験をベースにした小説なので生々しく、「なるほど。これが問題の根本で、こうやって再生していくんだ」ということがハラに落ちます。ボストンコンサルティンググループの国内採用第一号にして、ミスミの社長になった三枝さんの三部作の一つです。


マネジメントコントロール

チームが勝手に結果を出す仕組み
若林計志

マネジメントコントロールの超入門書

「スパルタと自由放任はどちらが正解なのか?」「どうすれば部下のやる気を高められるのか?」「どうして組織は官僚化するのか?」「組織力はどうすれば高められるのか」など、現場のマネージャーが直面する課題に解決のヒントを提示する。

マネジメントコントロールの理論
伊丹敬之

日本で唯一のMCS専門書

伊丹先生(一橋大学名誉教授)が、1986年に書かれたマネジメントコントロールシステム(MCS)の解説書。学術書ですので、一般のビジネス書に比べるとやや難解ですが、この分野について包括的に理解できる良書です。(絶版につき図書館等でどうぞ。)

「アカウンティング入門」
 嶋田 毅


会計から経営へ

タイトルは「アカウンティング」なので、財務諸表の解説本かと思いきや、「管理会計」の原理について分かりやすく解説してある良書です。さらさら読めますが、重点が絞られていて理解しやすく構成されています。BSCや名著「ザ・ゴール」で有名になったTOC(制約理論)をベースにしたスループット会計も解説されてあるところに、著者のセンスを感じます。マネジメントコントロールのベースになっている大元の考え方です。

「戦略と組織を考える」
 山根 節

慶應ビジネススクールの人気講座

日本のMBAでマネジメントコントロールを教えられている数少ない教授の一人である山根先生の著書。マネジメントとリーダーシップ、インセンティブ、組織構造などが整理されて解説されています。ケースは比較的概略の解説になっているのですが、考え方の方法は良くわかります。

Management Control Systems

組織マネジメントの原理原則が分かる

日本ではまだあまりなじみがない「マネジメントコントロール」という分野について、包括的に解説している一冊です。著者は南カリフォルニア大学のKenneth Merchant教授などです。同じ分野で、ハーバード大のロバード・サイモンズの本は日本語版がありますが、個人的には本書のアプローチの方が分かりやすいと思います。

マネジメントコントロール(MC)
横田絵里・金子晋也

MCのこれからの方向性が見える

アンソニーのマネジメントコントロールの解説と、それを具体的に企業がどう利用しているかの実践ケース集です(「トヨタ生産方式」や「アメーバ経営」なども出てきます)。また後半に出てくるグーグルの事例を通じて、これからマネジメントコントロールがどう発展していくかの方向性が見えます。

企業成長のフシをどう乗り切るか
ラリ—・グレイナー

企業成長とマネジメントコントロールの関係

南カリフォルニア大学のグレイナー教授が、企業成長につれて発生する組織の硬直化、不祥事などの問題について、そのメカニズムを極めてロジカルに解説した論文。マネジメントコントロールの視点から読み解いてみると、思わず膝を打つ鋭い分析が随所に発見できます。

残念な人の仕事の習慣
山崎将志

マネジメントコントロール的に読む

山崎将志氏の著書のなかでもオススメの一冊。ゴルフ場が朝食を無料にして利益をアップさせた事例などが、ユニークな「仕掛け」を作った事例が紹介されている。それらをマネジメントコントロール的に読み解くと面白さ倍増です。


問題解決/ロジカルシンキング/戦略思考

ストラテジックマインド
大前研一

企業参謀よりもこちら

”経営”というものの全体像を見る場合には本書の方がベターです。「企業参謀」の英語版として大幅加筆して書かれた「The Mind of the Strategist」を、さらに邦訳した一冊で、世界でオオマエの名を広めたのは、この本です。洞察力や直観といった「アート」の部分をカバーして書かれており、ロジカルシンキングがメインとなっている「企業参謀」と少し趣が異なります。

戦略の原点
清水勝彦

やはり原理原則

慶應ビジネススクール(KBS)で活躍されている清水勝彦先生が、テキサス大学准教授時代に書かれた本。小難しい理論をたくさん勉強するより、原理原則かつシンプルなフレームワークをきちんと使いこなせる事が大切だという事が、良くわかります。
事例も豊富で、理解しやすい一冊です。

全体最適の問題解決
岸良裕司

システム思考型の問題解決

世界的なベストセラー「ザ・ゴール」(E.ゴールドラット著)で紹介されているTOC(制約理論)を使った問題解決の手法(思考プロセス)を詳しく解説している一冊です。ロジックツリーによる分解が主流になっている問題解決手法に対し、問題を引き起こしている要素をつなげ、システムの全体像を示した上で、そのキモになる部分に斬り込むんで解決すための手法が解説されています。本書の入門書に「考える力をつける3つの道具」があります。

仮説思考
内田和成

仮説をベースに検証する

戦略系コンサルティング会社してメジャーなBCG(ボストンコンサルティンググループ)の日本代表を務めた内田氏(現在は早稲田大学ビジネススクール教授)がロジカルシンキングや問題解決の基礎になる「仮説」について語った一冊。文語調ではなく、分かりやすい語り口なので、高校生レベルでも十分理解できる。(もちろん中身はプロレベル)この本の実践編に当たる「コンサルティング入門」もオススメ。


自己成長(啓発)

達人のサイエンス
G.レナード

自己成長のキーは「負ける事」

拙著「プロフェッショナルを演じる仕事術」でもご紹介した一冊ですが、とにかく面白いの一言。アメリカで合気道を教える著者が、上達のプロセスを克明に説明します。
 
師匠と弟子の関係、「上達する人」と「しない人」の話、成長カーブの話など著者の実体験に基づいた言葉には説得力があります。

アー・ユー・ハッピー
矢沢永吉

成り上がりは予告編だった

特に永ちゃんの大ファンということでもないのですが、若い頃「成り上がり」には大いに啓発されました。その永ちゃんが50歳を迎え、大人の視点で、ビジネスや音楽、人生について振り返っている一冊です。音楽事務所の社長としてのマネジメントの苦労や経営哲学なども語られており、一人の経営者としても見習うところが満載です。
 

敗戦記
大前研一

カリスマの実像を知る

日本の戦略コンサルタントの元祖であり、名だたるグローバルカンパニーやマレーシアなどの国家アドバイザーなどとして世界に名を馳せる大前氏が、なぜ都知事選(程度)で負けてしまったのか?本書は、落選直後というタイミングで、いつも勝ち気の大前氏が、自身の敗北を謙虚に振り返っている貴重な一冊。強さ/弱さを含め、一人の人間としての著者の生き様がよく見える名著。

天才! 成功する人々の法則
マルコム・グラッドウェル

天才は後天的条件でつくられる

邦題は「天才」ですが、原書のタイトルは「アウトライアー(統計上の”はずれ値”)」です。「なんでこんな人が突然出てきたんだ!と思えるような革新的な人々の隠れた共通項に迫ります。成功する人々は、ブレークするまでに1万時間を費やしている、という「1万時間の法則」を見いだしているのも本書です。著者は米ベストセラー作家のグラッドウェルです。


その他

一夜漬けのビジネス英会話
岸良裕司

流暢にしゃべらないほうが、むしろ通じる

国内外で広く活躍されてるゴールドラットコンサルティング日本代表の岸良さんが書かれた異色のビジネス英会話本。英語はほとんど出てきませんが「なるほど」というポイントが一杯です。私(若林)が頭の中で、もやっと考えていた英語上達法がこの一冊にほとんど網羅されていました。

現実を視よ
柳井正

柳井さんの大和魂

「ユニクロ」で有名なファーストリテイリング創業者の柳井正氏の世界観が分かる一冊。柳井氏の本はこれまでも数冊出ているが、本書が一番本音をストレートに書かれているように見えます。ビジネスだけではなく、政治についても言及されており、その理由について「かつて吉田松陰が覚えたであろう危機感を、いま私も強烈に感じている」と書かれています。まさに魂の一冊です。