大人の「考える力」をイノベーションするフローワン

 研修実績(一部)

アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ アーテリジェントスクール)
・大手総合情報サービス会社(レギュラー講師)
・大手人材派遣・紹介サービス会社
・ネット系銀行
・静岡銀行(次世代経営者塾)
・千葉銀総研
・通信事業会社
・大手総合電機メーカー(グローバル人材育成レギュラー講師)*一部英語
・大手メーカー(工場マネージャー研修)
・中堅リサイクルメーカー(次世代経営者育成大学)
・大手総合商社(グローバルマネージャー研修)*英語
・外資系製薬企業 PM(プロジェクトマネージャー)向け研修
・オリンパス株式会社
・政策学校「一新塾」
・中堅マネジメント教育会社
首都大学東京オープン講座
・特定非営利活動法人 国際平和協力センター(IPAC)
・JASEAN LLC
・オフィスWILL (広島県福山市)
 
▼大学関係(ゼミゲスト等)
・龍谷大学/岡山大学など
 
▼オープンセミナー
・毎日新聞COBセミナー「MBAを人生に活かそう」
・マイクロソフト 人事マネジメント研究会
・資格の学校TAC 外務省委託事業「国際機関向け人材育成プログラム」(協調的交渉と紛争解決)*英語
・株式会社EQパートナーズ「志塾」(グローバル交渉術入門)
・外資系キャリアクロスフォーラム 
  パネルディスカッション「MBA資格、まだ見ぬ将来性」
 
▼セミナー通訳
・2015.8.27(木)シンガポールマネジメント大学(SMU) Dr. Michael Benolielによるセミナー「Global Negotiation 」の通訳
・2015.2.12(木)シンガポール国立大学(NUS) Dr. Ishtiaq Pasha Mahmood によるセミナー「Strategies in Asia (アジアにおける戦略)」


主要取引先(一部)

・株式会社フジックス
・株式会社EQパートナーズ
・社団法人 共同通信社
・株式会社ビジョン
・株式会社YouTeacher
・有限会社グローバルイーネットワーク


出版(単著)

「MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み」2013年

人と組織を「動かす」のではなく、動く「 仕組み」をつくること。日本ではまだあまり知られていない「マネジメントコントロール」と呼ばれる研究分野のエッセンスを分かりやすく解説します。


「プロフェッショナルを演じる仕事術」2011年
enjiru
大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する 発刊以来2万部突破!
 
「プロフェッショナル」として認められるビジネスマンは、自らの「成功ストーリー」を描き、それを演じ続けるうちに、自然と一人前になっていく。普通のビジネスマンは、これをどのようにして真似できるか。
 
本書では、孫正義氏、大前研一氏、藤田田氏ら「プロフェッショナル」の様々なエピソードを紹介。その行動・思考を徹底分析する。
 
さらに、心理学的な要素を加えた最新経営学のノウハウや、MBA的手法を交え、ワンランク上のストーリーを得るための「現代版・弟子入り」法を伝授していく。
 
【関連記事】
一流ビジネスマン」の真似をしていると いつの間にか成功できる! 」(PHP衆知より)

「プロローグ」より
 
私は設立間もなかったマネジメント教育会社ビジネス・ブレークスルーに入社し、2001年に日本初であるインターネットで海外MBA(経営学修士号)が取得できる「ボンド大学大学院ビジネススクール BBT MBAプログラム(Bond-BBT MBAプログラム)」を立ち上げて以来、その統括責任者を務めてきました。その中で多くの素晴らしい経営者やコンサルタント、大学教授と仕事をさせていただく機会に恵まれました。 
 
また大前研一教授の「経営戦略」クラスのティーチングアシスタントや研修講師として、多くの社会人の学びの現場に関わってきました。 
 
その結論として言えるのは、何かを学んで期待通りのものが得られるかは、結局それを受け取る人の「教えられる力」「指導される技術」にかかっているということです。 
 
特に「カリスマ」とか「達人」と呼ばれる人から学ぼうとするほど、この「教えられる力」が重要になってきます。なぜなら、スゴい人がスゴい人である理由は“フツー”ではないからです。むしろ極めて個性的で、キャラが濃い人がほとんどなのに、そんな人たちを“フツー”の感覚で受け止めようとしても、まったく理解できないか、下手をすると「嫌い」というネガティブな反応になりがちなのです。
 

出版(共著)

「リーディングス組織経営(改訂版)」2014年
岡山大学版教科書。大学院社会文化科学研究科博士前期課程組織経営専攻の教科書。リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている一冊です。
 
私は第9章「 企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。
 
編著:松田 陽一、藤井 大児、犬塚 篤
A5版 323ページ
定価 900円(税込)(本体833円+税)
出版社: 岡山大学出版会; 改訂版 (2014/3/1)

(共著)「私たちのMBA」2013年
Bond -BBT MBA(Bond University BBT Global Leadership MBA Program) でMBAを取得した12名の体験記です。社会人として働きながら学ぶということのリアリティが見える一冊です。
 
私は事務局責任者として11ページの寄稿しています。
 
出版社: 青山ライフ出版 (2013/10/26)
 

メディア掲載履歴/連載等

2016.5.24 雑誌「経営センサー 5月号」(東レ経営研究所)に弊社代表 若林の論文記事(社内コンフリクトの原因と解決)が掲載されました ( PDFダウンロード

 
2015.9.27 リクルートの雑誌「アントレ」(2015秋号)掲載の弊社代表のコラム 「”目標は師匠越え。マネから始める開業成功への道”」特集中のコラム「守破離のステップで学ぶ 」がデジタル版で期間限定で無料公開されています 
entre

 
雑誌「 MacPeople 2014年8月号」に遠隔チームやクラウドソーシングを活用したアプリ開発に関するインタビュー記事(カラー1ページ)が掲載されました

 
注目のビジネス書を紹介する雑誌「 TOPPOINT」(2013年2月号)に4ページに渡り拙著(「MBA流チームが勝手に結果を出す仕組み」)のサマリーが掲載されました

 
・ドリームゲート連載「 起業に役立つMBA」(2008)
・毎日新聞 マイナビニュース COBSトレンドサプリ
  「 任天堂が採っているという「ブルーオーシャン戦略」って何?」(2008)
・(記事翻訳)ジェームス・リード著「日本型ビッグバン真の勝利者」 (論争 東洋経済)
・(編集協力)「 慧眼」(BBT出版 2011)
・(編集協力)「 大前研一 洞察力の原点」(日経BP 2011)
・(編集協力)「 MBAトレーニング 新ビジネス思考」(PHP研究所 2002)

 

iPhone/Android アプリ

・Andoroidアプリ「 フローパッド新着通知」をリリース(2016.6)
・iPhoneアプリ 英語 リスニング&語源学習RPG「 トイクルヒーロー」をリリース(2014/4)

・iPhoneアプリ 英語 発音学習RPG「 トイクルクエスト」をリリース(2013/3)
・iPhoneアプリ 津崎式目標設定/セルフコーチング「 GERU」を共同リリース(2014)