大人の「考える力」をイノベーションするフローワン

  • HOME
  • >
  • 若林計志 代表メッセージ

 

代表メッセージ

当社の社名である「フロー(Flow)」「ワン(One)」は下記の意味を持っています。
 
・ 組織内の<流れ>に注目し、業務の効率性を高めること
・「フロー状態*」を生み出し、「学習する組織」を作り出すこと
・ 様々なフローをひとつの力(One)に結集すること
 
人々が集まってできる「組織」は無限の可能性を持っています。しかし、その「仕組み」をうまく設計/運用しなければ、流れ(フロー)が悪くなり、せっかくの努力が成果に結びつきません。逆に「仕組み」をしっかり設計すれば、社員のエンゲージメントが自然に高まり、お互いに協力し、いきいきと働きながら、自律的にイノベーションを生み出せる素晴らしい組織を作ることができます。
 
私は過去12年間に渡って社会人の人材育成に携わり、学位取得が可能な日本初のオンライン海外MBA(ビジネススクール)の立ち上げを担当し、制度設計、運営、マーケティング等の統括責任者を務めてきました。
 
様々な方々の協力を得ながら継続的に「仕組み」を改善し、満足度および修了率において、世界でも最高レベルのプログラムを構築することに成功しました。
 
そしてそれらの経験をベースに、デジタルを活用したマネジメント教育/システム開発、企業向けEラーニングのコンサルティング、日米豪でのビジネス経験をベースにしたグローバルマネージャー研修などを行っております。
 
一人ひとりが主体的に、楽しく学び、世界で活躍できるようサポートさせていただければと考えております。
 

フロー状態とは、心理学者M.チクセントミハイ教授が提唱した概念で、人が高い集中状態にいるときに生まれる心理状態。スポーツでは「ゾーンに入る」と言われる事もある。

 

経歴

株式会社フローワン 代表取締役CEO
米・オルブライト大学 リベラルアーツ(教養)学部にて政治学・哲学(ダブルメジャー)を卒業後、米ワシントンDCの外交政策シンクタンク(The Atlantic Council of the United States)を経て、国際紛争地での紛争解決(コンフリクトマネジメント)、和解調停を専門とする日本紛争予防センター(旧:日本予防外交センター)に参画。スリランカ/パレスチナなどに駐在。
 
その後、経営コンサルタントの大前研一氏が代表を務める株式会社ビジネス・ブレークスルー(BBT)創業直後に入社。USC(南カリフォルニア大学)プログラムなどを担当後、2000年より日本初の海外オンラインMBAプログラム(豪大学ランキング総合1位のボンド大学大学院とのパートナープログラム/Bond-BBT MBA)を立ち上げを担当。 全体カリキュラムデザイン、マーケティング、大前研一教授の「MBA経営戦略」のティーチングアシスタントなどを最年少マネージャーとして担当。2012年まで11年以上に渡り統括責任者を務め、卒業生600名以上を輩出する日本最大級のMBAプログラムに育てた。(AACSB認証、クイーンズランド州日本商工会議所賞等受賞)
 
現在はテクノロジーを使った人材育成システムの開発およびコンサルティングに従事。またコロンビア大学大学院の国際協力紛争解決センター(ICCCR)のB.フィッシャー博士より認定を受け、協調的交渉術公認トレーナーとして、グローバルマネージャー研修等で講師を務める。
 
著書に「 プロフェッショナルを演じる仕事術」(PHP研究所)、マネジメントコントロールの入門書である「 MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み」(PHP研究所)、共著に「 リーディングス組織経営」(岡山大学出版会)、「 私たちのMBA」(青山ライフ出版)がある。ATD(Association for Talent Development)会員(テクノロジーラーニング研究会)。TOCfE(教育のための制約理論) Learning Connection Facilitator国際認定講座修了。JMAA認定中小企業M&Aアドバイザリーコース修了。ソフトバンクアカデミア(孫正義氏の後継者育成機関)4期生。
 
その他:東京大学MOOC「インタラクティブ・ティーチング」コース修了。マインドマップ講座修了/フォトリーディング講座修了、イシス編集学校「守」コース修了。
 
→ English Profile ( LinkedIn)